エクステリアをおしゃれにするコツとは?

エクステリアのリフォームをするときは、どうせなら、おしゃれでセンスの良いものにしたいと考える人も多いでしょう。そこで今回は、エクステリアをおしゃれにするコツについて紹介します。

1つ目のコツは、「家(建物)のデザインや雰囲気に合わせる」ということです。家とエクステリアは、外から見ると一体になっているものなので、家のデザインや雰囲気と違うものにしてしまうと、統一感がなくアンバランスな印象になってしまいます。ですので例えば、ナチュラルな雰囲気の家であれば、フェンスを木製のものにしたり、優しいテイストの門扉にしたりすると、バランスのとれたおしゃれなエクステリアになるでしょう。あるいは逆に、シックで落ち着いた感じの家なら、金属製のフェンスや門扉にするとよいと言えます。また、こうしたエクステリアのデザインは、モデルになる住宅の写真があれば、業者側ともイメージを共有しやすくなるため、ネットなどでイメージに近いの写真を探してみるとよいでしょう。

2つ目のコツは、「玄関アプローチを1番重視する」ということです。玄関アプローチというのは、通行人や訪問者などの人目によく触れる場所であり、住宅にとっての顔のような部分なので、ここをしっかり作っておくと印象が良くなります。そのため、おしゃれにしたいのであれば、玄関アプローチの費用はあまりケチらないで作ることも重要でしょう。

3つ目のコツは、「用途や使いやすさもよく考える」ということです。エクステリアはおしゃれな見た目にすることも重要ですが、用途に合っていなかったり使いにくかったりすると意味がありません。例えば、お庭でペットを自由に遊ばせたいとか、ガーデニングを楽しみたいという用途は人によって違いますし、それに合ったものでなければ使いにくくなってしまうということです。そのため、用途などもよく考慮した上でデザインを決める必要がありますし、業者側にもしっかりと要望を伝えておくことが大切です。